2011年11月01日

リンゴかわいや

111025_2019~01.jpg

お友達のおじいちゃん作の紅玉と秋映がどっさり届きました。
紅玉でジャム作成。

今年はいろいろインターねっつ検索の結果
半分をすり下ろして作るタイプに挑戦。
すりおろすといってもブラウンマルチクイック大活躍なのですが。
そして果物の風味を消さないようにとにかく強火で短時間煮るという方法。
この作り方は大当たりでした。

第一弾は残りの半分を縦の薄切りに。
第二弾は5mmくらいで賽の目に。

すりおろしと砂糖としばらくマリネして、鍋にぶち込んで強火でぐっつぐつ
灰汁とりつつちょっとつやっぽくなるまで5分程度煮込みます。

おさとうがキビ砂糖しかなかったのでちょっと茶色いしあがりになってしまったが
リンゴの歯ごたえしゃり感やリンゴの香りがかなりいい感じにのこります。

これからはジャムは強火で男前調理に決定だ。

iwayouちゃん、おじいちゃん、ありがとう!


保存瓶にクレタ島で大量買いしてきたシナモンを一本いれてスパイシーに。
ギリシャはどうなってしまうのかしら・・・
posted by ogrie at 00:47| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

青森県 - 直あど交換所
Excerpt: 地域別お相手検索機能で直あど交換!
Weblog: 青森県 - 直あど交換所
Tracked: 2014-07-14 03:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。